日本経済新聞・日経産業新聞・日経ヴェリタス・日経MJ・デイリースポーツ・東京中日スポーツ取扱い。大田区、世田谷区に配達日本経済新聞田園調布専売所

日経新聞田園調布専売所:ホームへ 会社案内 お問い合わせ

日本経済新聞田園調布専売所:購読をお考えの方へ 日本経済新聞田園調布専売所:現在ご購読頂いている方へ 日本経済新聞田園調布専売所:働いてみませんか 日本経済新聞田園調布専売所:広告の折込について

どんなところにあるの?
東京の西の端、多摩川のすぐそばです。
高級住宅街として知られた「田園調布」の町並みの東側に当たります。
基本的に閑静な住宅街ですが、専売所は環状八号線という幹線道路のそばにあり、残念ながら自動車の音に少々悩まされます。
コンビニ(ローソン)は向かい、銭湯やスーパーなども歩いていける距離にあります。

どんな人がいるの?
所長の篠田と7名の正社員、10名の奨学生とパートさん3名が働いています。
そのうち、女性が6名働いています。

当店へのアクセス
● 住所
 〒158-0084 東京都世田谷区東玉川2-5-3
● 最寄り駅
 ・ 東急東横線「田園調布」駅下車 徒歩15分
 ( JRからは渋谷駅乗換え・東京メトロ日比谷線直通 )
 ・ 東急池上線「雪谷大塚」駅下車 徒歩7分
 ( JRからは五反田駅乗換え )
● 雪谷大塚駅から当店まで
 駅前の大きな通り(中原街道)を渡り、
 東急ストアの右の道を入ります。
 200m先の信号を左折、その先200mの右側です。

 ⇒ 案内図ダウンロード (MAP_NSN.pdf : 95.2KB)

Top

当店は、日本経済新聞と毎日新聞を13人で配達しています。
一人当たり330部程度になります。

朝刊は午前3時頃から準備に取り掛かり、配達を行います。配達の終了は、早い人で6時頃には終わっています。
奨学生の皆さんは、この後、食事やシャワーを済ませ、学校へ通います。

夕刊は午後3時頃から2時間程度です。

食事は朝・晩の2食を専売所で用意しています。
(土曜日と日曜日及び新聞がお休みの日は食事はありません。専売所の台所が使えますので料理を作っている人もいます。)

夕刊を配達後、次の日の仕事の確認や準備が終了したらフリータイム。各自各々過ごします。

Top

設備は?
居室は洋室で、冷暖房があります。
ベッド・ロッカー・机は部屋によってある部屋とない部屋があります。
居室の広さは4畳程度です。また、Wi-Fi完備です。

また、奨学生のうち5名は近所のアパートに住んでいます。
どの部屋に入るかは、入店時期の順番です(早いもの勝ちです)。
全員で使えるものとしては、シャワーと洗濯機があります。

● 荷物は入店日までに届くよう、専売所宛てに発送してください。
すぐに必要なもの持ってきてはいけないもの
・ 配達時に着用する衣類 制服(上着のみ)は貸与しますが、ジャージとジャンパーのように動きやすい服装を用意してください。
・ スニーカーなどの動きやすい靴
・ スリッパ
・ 食器(茶碗とお箸)・洗面用具など
・ 大きなもの(ソファーや大きなタンスなど)
・ 電熱器など電気消費量が大きいもの
・ 犬や猫などのペット
・ バイク、自転車
・ 大きな音を出すもの
寝具について    寝具一式(布団)は専売所での購入もできます。入店日までに用意してますので、送料もかからず便利です。

Top

俺は新聞奨学生を始めてもう4年になるよ
へぇ~。 すごいね!
今は普通に仕事と学業を両立しているけど、最初は結構大変だったの?
そうだね。
まず時間の管理が難しかったよ。 起床や就寝の時間の変化になれるのが大変だったし、学校に行って勉強するための体力もつけなくちゃいけなかったから・・・。
それはよくわかる。
けど2、3ヶ月も経てば、仕事の要領も分かってくるし、慣れれば大丈夫だよね。 それに周りのみんなも頑張っていて相談もし合えるから、ここまでやってこれたし、これからも頑張っていけると思う。
うん。
それに仕事に対する忍耐力も付くから、将来に糧にもなると思う。 だから自立していくためにもこの新聞奨学生制度は良いと思うよ。 俺もこれからも頑張るよ!!
まぁいまだに寝坊しちゃうけど・・・(笑)

Top